カラーコンタクトレンズご購入の前に

1.眼科での検査・処方
 コンタクトレンズ(カラーコンタクトレンズも含む)は、医療機器です。ご購入前に、必ず眼科の検査・処方を受けてからご購入ください。涙の量、アレルギー体質、目の病気により、コンタクトレンズを使用できない場合もあります。また、目に異常を感じなくても、眼科医による定期検診を、必ず3か月に1度お受けください。

2.「厚生労働省の承認を受けた製品」であることを確認
 カラーコンタクトレンズ(以下「カラコン」)は、「医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律」(薬機法)で定められた「高度管理医療機器」です。厚生労働省の承認を受けた製品には、「高度管理医療機器」の記載・承認番号の記載がありますので、ご確認ください。また、ご使用の際には、製品のパッケージの中に入っている添付文書をよくお読みください。お客様の目の健康と安心のため、IROCONで取り扱っているカラコンは、日本の「高度管理医療機器」としての承認を受けた製品のみです。当社取扱商品は、すべて日本の規格基準を満たした商品で、規格外のものはいっさい取り扱っておりません。
また、当社取扱カラコン製品は、すべてBTSおよびSeventeenの所属事務所からキャラクター使用許可を得て販売する正規品で、日本における独占販売権を得ています。

3.「都道府県知事等の承認を受けた販売業者」であることを確認
 カラコンは、薬機法第39条、39条の3の規定により、都道府県知事の販売業の許可を受けているお店でないと購入いただけません。IROCON.では、当然、カラコン販売に必要な販売業許可を取得済みで、許可取得に必要な販売管理者も常時就業しております。安心してお買い物をお楽しみください。



4.海外業者が提供する違法製品について
 近時、安価に販売されている海外発送のカラコンは、日本の厚生労働省の承認を受けた製品ではない場合がほとんどです。また、日本国内での製造・輸入や販売に必要な許可を取得していない海外の業者により個人輸入の形態で薬機法等の関連法令を遵守せず提供されるため、製品の安全を保証されたレンズでないことが少なくありません。大切なお客様の目の健康のために、個人輸入・海外配送のカラコンのご使用は、おすすめしません。くれぐれもご注意ください。

5.カラコンの適正使用方法について
 医薬品医療機器総合機構(PMDA、厚生労働省系外郭団体)のHP(リンク下記)に、カラーコンタクトレンズの適正な使用方法などが、わかりやすく記載されております。ぜひ、ご一読されることをおすすめします。
https://www.pmda.go.jp/eyecare/